Evolution® Controlled-Release Stent

Evolutionシリーズはステントの展開や再収納、位置の修正を実現する独自の性能で、胆管、十二指腸、食道の狭窄病変の治療を支援します。

Evolutionステントは留置時のジャンプが少なく、スムーズで予測性の高いデリバリーを実現します。
高い精度と操作性により、一度で正確にステントを配置でき、操作のやり直しの軽減に貢献します。

Evolution-Handle-with-Callouts_JA

EVOLUTION® BILIARY

Evolutionary Design, Control and Precision

release_stent_7

胆管の姑息的治療には、正確な留置が可能で、開存性を維持し、マイグレーション(移動)を
最小限に抑えるステントが必要です。Evolution胆管用ステントは、これら3つの特性を兼ね備えています。

  • 専用のプラチナコアワイヤにより、全長にわたって優れたエックス線透過性を実現
  • 細かいメッシュ構造が、ステント内部への腫瘍の増殖を抑制
  • ラジアルフォースとアキシャルフォースの最適な組み合わせにより、胆管の開存性を維持しながら、柔軟性と胆管形状への適合性を確保
  • Cook’s Flexor® Plusテクノロジーによりプッシャビリティを高めてストレッチ性を抑え、必要な位置への正確なステント留置を支援
  • マイグレーションのリスクを軽減する両端のフランジ構造
  • 近位・遠位にあるラッソにより留置直後のステントの位置変更が可能(カバードステントのみ)

release_stent_6

詳細へ
Evolution® Biliary Controlled-Release Stent – Partially Covered
Evolution® Biliary Controlled-Release Stent – Uncovered
Evolution® Biliary Controlled-Release Stent – Fully Covered

販売名:COOK Evolution 胆管用ステントシステム
承認番号:22800BZX00399000

販売名:COOK Evolution 胆管用カバードステントシステム
承認番号:22800BZX00400000

EVOLUTION® DUODENAL

Evolutionary Design

release_stent_5

十二指腸ステント留置術の成功には、ステントの正確な配置が欠かせません。
Evolution Duodenalは高い制御力と優れた操作性により、これを可能にします。ステントのデリバリーがスムーズで、留置後のマイグレーションや遅発性合併症のリスクを軽減しながら、十二指腸の自然なカーブにしっかりと適合した安定した留置を実現します。

  • 18個のクラウンがラジアルフォースの強化と均一な分布をサポート
  • マイグレーションのリスクを軽減する両端のフランジ構造

release_stent_4

詳細へ
Evolution® Duodenal Controlled – Release Stent – Uncovered

販売名:COOK Evolution 十二指腸用ステントシステム
承認番号:22600BZX00375000

EVOLUTION® ESOPHAGEAL

Evolutionary Design

release_stent_3

Evolution食道ステントは、パーシャルカバードステントとフルカバードステントの2種類のラインナップで、幅広い治療ニーズにお応えします。ストレスを軽減する操作性の高いリリースデリバリーシステムにより、両タイプともにスムーズで正確な留置が可能です。

パーシャルカバードステントのデザイン

  • 被覆されていない両端のフランジ構造がステントを固定し、マイグレーションのリスクを軽減
  • 近位端にあるラッソにより留置直後のステントの位置変更が可能

 

フルカバードデザイン

  • 近位・遠位にあるラッソにより留置直後のステントの位置変更が可能

release_stent_2

詳細へ
Evolution® Esophageal Controlled – Release Stent – Fully Covered
Evolution® Esophageal Controlled-Release Stent- Partially Covered

販売名:COOK Evolution食道用ステントシステム
承認番号:22500BZX00040000

©COOK 2017 ESC-D36258-JA