疾患と治療について

大動脈瘤:腹部大動脈瘤


症状

残念ながらほとんどの場合、腹部大動脈瘤には自覚症状がありません。
症状があるとすれば、最も一般的な兆候は痛みです。痛みは腹部や背中、胸部に現れ、軽い痛みから激しい痛み、または腰や腹部中央から上部にかけての圧痛と様々です。患者様によっては、大動脈瘤を拍動や、拍動性の腫瘤として腹部に感じることがあります。


治療法

大動脈瘤が小さいうちは経過観察とし、医師が定期的に診断します。大動脈瘤への圧を下げるため、血圧を下げる薬が処方されることもあります。

瘤が大きくなっている場合や急速に拡大している場合は、破裂の危険が高くなるため治療を行います。腹部大動脈瘤の治療は、大動脈瘤の破裂を防ぐことが目的です。

腹部大動脈瘤の外科治療には、次の2つの方法があります。

注)開腹手術および血管内治療は、すべての患者様に適応できるとは限りません。どちらの治療法にも利点と欠点があり、患者様の健康状態やご希望を考慮した上で、最適な治療法を決めていきます。詳細については、医師にご相談ください。


開腹手術

この治療法は、動脈瘤のできた大動脈部分を修復する外科手術を行います。大動脈瘤を直接治療するために、医師が腹部または横腹を切開します。そして、動脈瘤ができている部分の大動脈をグラフトとよばれる繊維製のチューブに置換します。グラフトが疾患部分の大動脈に縫付けられ、血管の役割として機能します。グラフトを置換する手術中は、大動脈への血流が遮断されます。

開腹手術は従来から実施されている治療法です。しかし、その回復期間が長いことでも知られています。

  • 手術時間: 通常2~4時間程度。
  • 手術後 : 通常2週間程度の入院。

他の医療処置と同様に、開腹手術にも合併症の危険があります。詳しいことは担当医師にお訊ねください。


血管内治療

血管内治療は、比較的新しい治療法です。「エンドバスキュラー(endovascular)」は、「血管内」または「血管内部」という意味があります。腹部の切開はせず、大腿動脈(血管)を確保するために大腿部の付け根あたりを小さく切開します。

エンドバスキュラーグラフトはプラスチック製のチューブに収容されており、これを小さな切開部から動脈に挿入し、エンドバスキュラーグラフトを大動脈内に留置します。グラフトが大動脈瘤への血流を遮断することにより、血管の新しい流路を形成します。グラフトは永続的に大動脈内に留置されます。

血管内治療では切開部が開腹手術での切開部よりも格段に小さいため、不快感が少なく、回復も早くなります。

  • 手術時間: 通常1~3時間程度。
  • 手術後 : 通常3~5日程度の入院。
    4~6週間程度で日常生活に戻ることができます。
腹部留置例

他の医療処置と同様に、血管内治療にも合併症の危険があります。詳しいことは担当医師にお訊ねください。


術後の定期検診

血管内治療を受けた患者様は、術後定期検診を受けることが大切です。定期検診は、1カ月後、6カ月後、12カ月後に受診し、その後は年1回受診することが推奨されています。

定期検診では通常、血液検査、X線検査、CTスキャンおよび身体検査が行われます。画像診断により大動脈瘤やグラフトの状態を観察し、自覚症状を伴わない問題が発生していないかどうかを確認します。

何らかの問題が発生している場合は、追加の治療が必要になることもあります。検査に関するご質問は、担当医師にお訊ねください。


血管内治療のリスク

血管内治療には、次のようなリスクを伴うことが考えられます。

エンドリーク

エンドリークは、大動脈からの血流がグラフト内ではなく腹部大動脈瘤に流入し続けることです。ほとんどのエンドリークは治療を行う必要性はありませんが、まれに再度の血管内治療や開腹手術が必要となることもあります。

グラフトの移動

大動脈瘤により、血管の形態が時間の経過とともに変化するため、グラフトの位置が移動することがあります。グラフトの移動には自覚症状が伴わないため、定期検診を受けることが重要となります。グラフトの移動が生じているかどうかは、CTスキャンの画像などで確認することができます。

大動脈瘤の拡大

大動脈瘤の拡大には必ずしも自覚症状が伴うとは限りませんが、一般的に以下の自覚症状があらわれます。

  • 胸部、腹部、背中、脚の痛み
  • 胸部、腹部、背中、脚のしびれ
  • 胸部、腹部、背中、脚の脱力感

大動脈瘤の破裂

大動脈の破裂には、一般的に以下の自覚症状があらわれます。

  • めまい
  • 失神
  • 頻脈
  • 突然の脱力感

下肢閉塞

下肢閉塞には、一般的に以下の自覚症状があらわれます。

  • 歩行中に足や腰の痛み
  • 足の冷えや変色

上記のような症状があらわれた場合は、直ちに担当医師に連絡してください。

AI-D25387-JA-b

私達にフィードバックを与え