疾患と治療について

大動脈瘤:大動脈瘤とは


大動脈は心臓から全身へ血液を運ぶ主要な血管です。大動脈は胸部から下腹部へと伸び、腹部から腸骨動脈に分岐します。この腸骨動脈は血液を下半身と脚へ運びます。

老化やそのほかの原因により、大動脈の一部が弱くなり、膨らみはじめることがあります。この膨らみは時間と共に拡大し、大動脈の壁が風船のように薄く伸びた状態になることがあります。この膨らみを大動脈瘤といいます。

大動脈瘤は発生部位により、胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤と呼ばれます。

血管と大動脈瘤

病気について

大動脈瘤が小さいうちは経過観察とし、医師が定期的に診断します。大動脈瘤への圧を下げるため、血圧を下げる薬が処方されることもあります。

大動脈瘤が大きくなっていくと、大動脈の壁は次第に薄くなり、伸縮性・弾力性がなくなってきます。最終的に薄く伸びた血管壁が血流圧に耐えられなくなり、大動脈瘤が破裂して、重篤な体内出血を引き起こす可能性があります。


原因

血管疾患、損傷、大動脈壁組織の遺伝的な欠損などが大動脈瘤の原因として挙げられます。


危険因子

喫煙、心臓疾患、高血圧、高齢、家族歴など


検査方法

  • 胸部レントゲン写真
  • 腹部エコー(超音波検査)
  • CTスキャン
  • MRI など
定期的な健康診断をおすすめします。

他の理由で検査を受けているときに偶然発見されることが多い病気です。


大動脈瘤は発生部位により、下記の2つに分けられます。

AI-D25387-JA-a

私達にフィードバックを与え