疾患と治療について

血管形成術とステント治療術


治療前

入院する前に主治医の先生から血管形成術とステント治療術についての説明を受けます。治療前日の深夜を過ぎたら、飲食は一切禁止とされる場合もありますのでご注意ください。また、治療の数日前から血液をサラサラにして血栓を予防するお薬を処方されることがあります。


治療中

血管形成術とステント治療術は、病院内のカテーテル治療室で行います。

血管へのカテーテル挿入は、多くの場合、鼠径部(太ももの付け根あたり)から行います。挿入部を除毛して消毒剤を塗布し、局所麻酔を行います。

ガイドワイヤと呼ばれる細い金属性のワイヤをニードル(注射針)に挿入して、血管の閉塞部まで進めます。続いてシースイントロデューサをガイドワイヤに沿わせて血管に挿入します。次に、バルーンカテーテルをシースイントロデューサから挿入して閉塞部まで進めます。そこでバルーンを速やかに拡げ血管の閉塞部を拡げます。

血管形成術
pad angioplasty

血管の細くなった部分にガイドワイヤを通す。
ガイドワイヤに沿わせてシースイントロデューサを進める。
バルーンで狭くなった血管を押し拡げる。

血管が開通した後、バルーンをしぼませバルーンカテーテルを体内から抜きます。次に、ステントを装填したデリバリーカテーテルを先ほどバルーンを拡げた位置まで進めます。適した位置までステントが達したらステントのシースをはずし血管壁に向けてステントを拡げます。その後、ステントを残し、カテーテルとガイドワイヤを体内から抜いて、治療は終わりです。

ステント治療術
pad stent treatment

ガイドワイヤに沿わせて、ステントが入ったカテーテルを進める。
ステントを拡げる。
ステントが入っていたカテーテルを抜く。ステントは血管を拡げた状態を保つ。

注意: ここでは一般的な治療法について記載しています。治療法は患者さまによって異なることがあります。


治療後

治療後、患者さまは回復室へ移動します。多少の不快感があるかもしれませんが、鎮痛薬で緩和することができます。血圧と心拍数を慎重にモニターします。主治医の先生の判断と病院の標準的な方針によって、退院日が決定します。

PI-D34710-JA