ニュースルーム

ニュースルームに戻る

<プレスリリース> 「大動脈瘤」 一般生活者の疾患名認知は2年間で増加 サイレントキラーのイメージ浸透 しかし病気の特徴は「わからない」が半数以上

2012年11月29日

米国クック メディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人:Cook Japan株式会社[以下、クック ジャパン]、所在地: 東京都渋谷区、代表取締役: 矢込和彦)は、全国の30歳以上の一般生活者と医師を対象に「大動脈瘤」の認知度調査(手法:インターネット調査、有効回答数:2632人)を実施しました。

クック ジャパンでは、2010年にも同じく「大動脈瘤」に関する認知度調査を実施しており、今回の調査では、前回と同じ質問項目を設けることにより、2年間で一般生活者の疾患認知がどのように変化したかも比較検討しました。

【主な調査結果】

  1. 2012年調査では、大動脈瘤について「名前は知っている」と答えた割合は、腹部大動脈瘤69.3%、胸部大動脈瘤72.3%と、それぞれ2010年調査に比べて増加した
  2. 大動脈瘤のイメージについて、「恐ろしい」「死亡のリスクが高い」に加え、「本人が気づきにくい」「自覚症状があまりない」と答えた割合がいずれも2年前より高まり、サイレントキラーというイメージが浸透してきたことがうかがえる
  3. 一方、大動脈瘤に関する知識を問う設問では、「わからない」と答える人が半数以上であり、未だ正しい特徴を知らない人が多数にわたることが明らかになった

 

日本心・血管病予防会 理事長である重松宏先生は、調査結果について「大動脈瘤の多くは無症状ですが、瘤が大きくなり破裂してしまうと大変死亡率の高い、危険な病気です。今回の調査では、サイレントキラーとも呼ばれるこの病気のイメージは広まったことが分かりましたが、具体的な予防法や発見方法や治療法についてはあまり知られていませんでした。また医師の側も、大動脈瘤発見を目的とした検査はあまり実施していないという実態も明らかになりました。高齢化の進む日本において、大動脈瘤をはじめとする心・血管病の健診普及は、今後の課題と言えるでしょう」と指摘しています。

また、クック ジャパン AI事業部 事業部長である山口直之は、「2010年調査と比較し、大動脈瘤の病名認知が高まったことは、日本心・血管病予防会をはじめとする学会や医師の先生方、そして企業の啓発の取り組みや、新しい治療デバイスの登場で治療方法が大きく進歩していることなどが影響していると考えられます。今後もクック ジャパンは、大動脈瘤治療用ステントグラフトメーカーとして、大動脈瘤に関する正しい知識普及に取り組み、一人でも多くの患者さんを助けられるよう活動して参ります」と述べています。

クック ジャパンでは胸部・腹部大動脈瘤の血管内治療用のステントグラフトを医療現場に供給すると同時に、一般生活者へ方々への情報提供も引き続き取り組んで参ります。

「大動脈瘤に関する一般生活者/医師の認知度調査データ」 2012年10月
【調査概要】 調査対象:全国の30歳以上の男女
調査手法:インターネット調査(インテージ・ネットモニター)
調査実施日:2012年9月18日(火)~9月20日(木)
有効回答数:有効回収数 2632s うち一般 2389s / 医師 243s (回収率 56.6%)
標本構成:
press_20121129c

1. 2012年調査では、大動脈瘤について「名前は知っている」と答えた割合は、腹部大動脈瘤は69.3%、胸部大動脈瘤は72.3%と、それぞれ2010年調査に比べて増加した

「腹部大動脈瘤」「胸部大動脈瘤」をはじめ、「糖尿病」「高血圧」「認知症」など、13種類の病名および症状名を知っているかどうか質問しました。その結果、「名前は知っている」との回答が最も多かったのは「高血圧」「糖尿病」の99.4%でした。

質問:以下の病気や症状について、あなたはどの程度知っていますか。あてはまるものを選んで下さい。
(名前は知っている)
press_20121129d

2010年と比較して、「名前は知っている」人の割合は、「腹部大動脈瘤」「胸部大動脈瘤」ともにアップしており、「知らない」と答えた人の割合は3割程度にとどまりました。この結果について重松先生は「大動脈瘤という疾患が一般の人にとっても身近なものとなってきたことを示している。現在はステントグラフトによる血管内治療など、患者さんの負担の少ない低侵襲な治療法もあるので、早期発見が重要なことも合わせて認知を広めていきたい」と述べています。
press_20121129e

2. 大動脈瘤のイメージについて、「恐ろしい」「死亡のリスクが高い」に加え、「本人が気づきにくい」「自覚症状があまりない」と答えた割合がいずれも2年前より高まり、サイレントキラーというイメージが浸透してきたことがうかがえる

「腹部大動脈瘤」のイメージは、「恐ろしい」が43.9%と最も高く、次いで「死亡のリスクが高い」が40.6%、「本人が気づきにくい」が31.0%となりました。また、「胸部大動脈瘤」は、「死亡のリスクが高い」が45.9%と最も高く、次いで「恐ろしい」が44.0%、「本人が気づきにくい」が29.2%となりました。2010年と比較して、「腹部大動脈瘤」「胸部大動脈瘤」とも、「本人が気づきにくい」「自覚症状があまりない」と答えた割合が上がっています。

質問:以下の疾患に対するイメージを教えてください。
press_20121129f

別の質問で、日本人の死因のトップ10(男女別含む)までに入る疾患9種から、怖いと思う順に順位を聞いたところ、「大動脈瘤」は「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」に次いで4番目に怖い疾患であるという結果になりました。また、大動脈瘤が破裂した場合の致死率についても、多くの人は「80~99%」と危険性が高いという認識をしていました。
これらの結果から、「大動脈瘤」の特徴である、多くのケースで自覚症状無しに進行し、破裂すると死に至るケースも多いという「サイレントキラー」というイメージの認知は高まっているといえます。
press_20121129g

3. 一方、大動脈瘤に関する知識を問う設問では、「わからない」と答える人が半数以上であり、未だ正しい特徴を知らない人が多数にわたることが明らかになった

疾患の名前は知っているという人に、治療法についてたずねたところ、「腹部大動脈瘤」では「わからない」が39.3%、「胸部大動脈瘤」では38.7%と、いずれも4割弱の人は、治療法についての知識を持っていないという結果になりました。
press_20121129h

また、大動脈瘤の特徴について質問したところ、正しい回答の割合が不正解を上回ったものの、半数以上の人が「わからない」と回答するという結果になりました。
これらのデータから、大動脈瘤に関し、名前は知っていても、発症のリスク要因などの特徴や検査法、治療法についてはあまり知られていないことが明らかになりました。
press_20121129i

4. 大動脈瘤を診る可能性のある医師でも、実際に大動脈瘤を発見したことがある割合は45%程度であった

大動脈瘤を発見したことのある医師の中では、CT検査により発見した割合が18.5%と最も高い割合でした。また、自由回答の内容からは、症状のあるケースも見られるものの、大動脈瘤の検査目的以外の検査で見つかったとの回答が多くみられました。
press_20121129j

5. 大動脈瘤のリスクが高まる高齢の人は、健康対策を心がけており、健康に対する不安は少ないが、健診を受けていない人も3割弱存在する。また、CT検査を受けている人は3割強であった。

今年2012年、団塊の世代が65歳を迎えたことで、65歳以上の人口の割合は24.1%と過去最高を更新し、初めて3,000万人を突破しました。そこで、この世代の健康に対する意識を聞いたところ、実施している健康対策の個数は年齢が上がるほど増え、高齢者ほど健康対策に取り組んでいることが明らかになりました。また、将来の健康状態について不安をもっているかどうかの質問に対しては、若い世代ほど不安をもっている傾向が見られました。

しかし、高齢になるほど大動脈瘤発症のリスクは高まります。65歳以上の検査・検診の受診状況は、65歳以下と比べると受診率は高いものの、「健診・人間ドック」を受けていない割合は28.7%となっており、さらなる受診率の向上が望まれます。重松先生は、「大動脈瘤は自覚症状が無いことが多いため見つかりにくいが、定期的な健診やCT検査が早期発見につながる。特にリスクの高まる65歳以上の方は、意識して検査を受けてもらいたい」と述べています。
press_20121129k
press_20121129l
press_20121129m

6. 一般生活者が求めている「大動脈瘤」に関する情報は、「症状の詳細」が最も高く48.7%、次いで「病気にかかる原因」が39.3%、「最新の治療方法の説明」が31.6%

一般生活者に、大動脈瘤についてまず最初に知りたい情報を聞いたところ、「症状の詳細」「病気にかかる原因」「最新の治療方法の説明」が上位3つとなりました。次いで、「治療を受けられる病院」が26.8%、「合併症や、病状が進行した時の状態、危険度」が24.0%となり、具体的な病気・症状や、治療方法についての知識が求められていることがわかりました。
press_20121129n

大動脈瘤と血管内治療
老化やその他の原因で心臓から全身へ血液を運ぶ大動脈の一部が弱くなり膨らむことがあり、さらにこの膨らみが、時間の経過と共に拡大することがあります。これは大動脈の壁が次第に薄くなり、風船のように膨らんでいくためです。大動脈に発生するこの膨らみを大動脈瘤(りゅう)といいます。できる領域によって、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤と呼ばれます。進行し、瘤が大きくなると大動脈の壁がさらに伸びて薄くなり、血流の圧力に耐え切れず破裂して重篤な体内出血を引き起こす可能性があります。多くのケースで破裂するまで自覚症状なく進行するため、「サイレントキラー」と呼ばれています。
破裂の危険性がある大動脈瘤の治療法には外科手術と血管内治療があります。血管内治療では鼠頸部(大腿部の付け根付近)の血管からステントグラフト(人工血管に金属製ステントを縫い付けたもの)を内蔵したカテーテルを挿入し、大動脈瘤の全長をカバーするように留置することで、大動脈瘤への血流を遮断し、瘤の破裂を防ぎます。開胸や開腹が避けられるため、従来の外科手術と比較して患者さんの体の負担が少ないことが特長です。
press_20121129o
大動脈瘤および解離の死亡数/死亡率の推移
厚生労働省が発表した「平成23年(2011)人口動態統計」によると、「大動脈瘤および解離」による死亡者数は15,599人、死亡率(人口10万対)では12.4であり、女性の死因では9位を占めます。これは、乳がん(12,838人)や糖尿病(14,664人)による死亡者数よりも多く、大動脈瘤が日本人にとって決して稀な疾患ではないことを示しています。「大動脈瘤および解離」による死亡者数は過去10年間増加を続けています。
press_20121129p

クック メディカルについて
クックメディカルは、医療業界のグローバル・パイオニアとして世界中の患者様への効果的なソリューションの提供に取り組んでいます。今日では、医療機器、薬剤、生物由来の医療機器、細胞治療などの事業を展開し、40以上の医療の専門分野に渡り、16,000以上の製品ラインを提供しています。クックは1963年の創立以来、家族経営的な株式非公開の会社として、患者様を最優先に考え、倫理的なビジネス活動を第一とする経営方針のもとに発展してきました。全世界の従業員数は10,000名以上となっています。 弊社の詳細は以下のホームページをご覧ください。http://www.cookmedical.com
twitter, LinkedInのCookMedicalアカウントでも情報を配信しております。

クックジャパンの情報はウェブサイト< http://www.cookmedical.co.jp>および Facebook アカウントhttp://www.facebook.com/cookmedicaljapan でご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先:

【報道関係の皆様】
Cook Japan(クック ジャパン)株式会社 マーケティング部
担当:百瀬
TEL: 03-6853-9637/FAX: 03-6688-9900
 
【報道関係以外の皆様】
「連絡先」ページをご参照ください

学会案内

08/01(金) - 08/02(土)

第37回日本受精着床学会総会・学術講演会

京王プラザホテル

詳細へ »

11/07(金) - 11/08(土)

第64回日本生殖医学会学術講演会・総会

神戸国際会議場・神戸ポートピアホテル

詳細へ »

06/28(金) - 06/29(土)

第11回日本下肢救済・足病学会学術集会

神戸ポートピアホテル・神戸国際会議場 他

詳細へ »

07/04(木) - 07/05(金)

第11回日本創傷外科学会総会・学術集会

長崎ブリックホール

詳細へ »

07/04(木) - 07/05(金)

第39回日本静脈学会総会

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

詳細へ »

一覧へ

Cook Japan公式
Facebookページ »