ニュースルーム

ニュースルームに戻る

<プレスリリース> クック社 「Zenith Flex® (ゼニス・フレックス)」発売開始

次世代の腹部大動脈瘤(AAA)血管内治療用デバイス

2010年7月21日

米国クック メディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人: Cook Japan株式会社[以下、クック ジャパン]、所在地: 東京都渋谷区、代表取締役:矢込和彦)は、日本での腹部大動脈瘤(AAA)の血管内治療用デバイス「Zenith Flex AAA エンドバスキュラーグラフト(以下、Zenith Flex)」 の販売を開始したことを発表いたします。 (販売元:株式会社メディコスヒラタ)

Zenith Flexは、国内初承認の弊社従来品「Zenith AAA エンドバスキュラーグラフト(以下、Zenith)」の性能に、新型Z-Trak デリバリーシステムと新型Flex腸骨動脈レッグ技術を組み合わせ、体内へのより正確な挿入、留置を可能にした新製品です。新型Z-Trakは、血液の逆流防止の止血弁を採用しているほか、AQ親水性コーティングにより表面摩擦抵抗を大幅に減らし、正確なデリバリーを可能にします。また、新型Flex腸骨動脈レッグは、ステンレススチール製Z型ステントの列の間隔を広くしたことでキンク耐性を向上させました。またメインボディとレッグ長の延長により、これまで以上に患者様に合わせてカスタマイズすることが可能になりました。

ステントグラフトを用いた手術は、従来の開腹手術に比べて切開部分が非常に小さく、全身麻酔を行なう必要もないため患者様の身体にかかる負担が大きく軽減できます。また、開腹手術の場合は術後に3~4週間の入院期間を要しますが、ステントグラフト手術では1週間以内に退院が可能です。ステントグラフトを用いた手術は患者様のQOL(生活の質)向上に寄与する低侵襲の手術方法として認知が高まっています。

クック メディカルのAI事業部国際事業部長フィル・ノウェルは次のように述べています。「このたび、クック メディカルは従来品Zenithの改良品Zenith Flexを日本で販売開始することになりました。Zenith Flexの販売を通じて、患者様への負担が少ない腹部大動脈治療の普及を図り、日本の治療技術向上に貢献できるよう努めてまいります」

クック ジャパンAI事業部 事業部長 山口直之は次のように述べています。「日本で最初に承認された製品、Zenithの販売を通じて、クック ジャパンは日本の腹部大動脈瘤血管内治療の普及に貢献してまいりました。改良品Zenith Flexの発売により、より安全で低侵襲の治療を患者様に提供できるようメディコスヒラタ社と共にサポートを続けて参ります」

製品概要
販売名:クックゼニスAAAエンドバスキュラーグラフト
承認番号:21800BZY10175000

 

press_20100721a
press_20100721b

 

大動脈は、心臓から体の全身へ血液を運ぶ主要な血管です。老化やその他の原因で大動脈の一部が弱くなり、風船のように薄く伸び脹らむことがあります。この脹らみが動脈瘤です。腹部の周辺に発生したものを腹部大動脈瘤と言います。 初期の段階では大きな危険性はありませんが、後期の段階に進行すると、大動脈の壁が薄くなり、血流の圧力に耐え切れず破裂することがあります。 破裂の危険性があると判断された場合の治療方法には、開腹外科修復術と血管内治療があります。血管内治療は、両脚の股関節付近を小さく切開し、この切開部からグラフトを挿入し、大動脈内に留置し血管の新しい流路を形成する治療法です。 大動脈瘤の血管内治療の適応は、開腹外科修復術におけるハイリスク因子が存在するなどの医学的な諸条件により決められます。

クック メディカル社について

クック メディカル(COOK®)は、1963年に創立され、今では広く使用されている低侵襲治療用医療機器を数多く開発してきました。クックは現在、医療機器や薬剤、また生物製剤などの事業を統合し、患者の安全性の追及と治療成績の向上を目指しており、創業当時より、家族経営の株式非公開医療機器会社として発展しています。
詳しい内容については以下のホームページをご覧ください。( www.cookmedical.com)
また、クックは以下のtwitterのアカウントで情報を配信しております。 (twitter.com/cookmedicalpr)

クック ジャパン AI事業部について 

腹部大動脈瘤治療用のステントグラフトを総販売代理店のメディコスヒラタ社を通じて医療現場に提供しています。国内で初めて承認された米国本社クック メディカル社製「Zenith AAA エンドバスキュラーグラフト」は、全世界で10万症例に、日本では2009年末で4000例近くの患者様の治療に使用されています。

本件に関するお問い合わせ先:

【報道関係の皆様】
Cook Japan(クック ジャパン)株式会社 マーケティング部
担当:百瀬
TEL: 03-6853-9637/FAX: 03-6688-9900
 
【報道関係以外の皆様】
「連絡先」ページをご参照ください

学会案内

08/01(金) - 08/02(土)

第37回日本受精着床学会総会・学術講演会

京王プラザホテル

詳細へ »

11/07(金) - 11/08(土)

第64回日本生殖医学会学術講演会・総会

神戸国際会議場・神戸ポートピアホテル

詳細へ »

08/21(水) - 08/22(木)

第14回 Japan Endovascular Symposium

東京慈恵会医科大学 3階 講堂(大学1号館)

詳細へ »

09/06(金) - 09/07(土)

Sapporo Live Demonstration Course 2019

ロイトン札幌

詳細へ »

09/12(木) - 09/13(金)

第26回日本門脈圧亢進症学会総会

海峡メッセ下関

詳細へ »

一覧へ

Cook Japan公式
Facebookページ »