ニュースルーム

ニュースルームに戻る

<プレスリリース> クック メディカル、日本においてリードマネジメント事業部を開設

2015年9月10日

米国クック メディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人: Cook Japan株式会社[以下、クック ジャパン]、所在地: 東京都中野区、代表取締役:矢込和彦)は、日本においてリードマネジメント事業部を開設したことを発表いたします。リードマネジメント事業部は、植込み型心臓ペースメーカおよび除細動器のリードをメカニカルに抜去する製品をご提供します。

日本におけるペースメーカ等の不整脈デバイス治療は、年間手術数が60,000件以上 と報告されています。感染やリード不全といったデバイス治療に関連した合併症も散見され、特に感染を合併した際には、リードを含めた全システムの除去が重要であることが広く認知されています2。近年は、リード抜去を補助するデバイスの選択肢も増え、日本でも経静脈リード抜去術が普及してきました。

クック ジャパンはこのほど、リード抜去関連製品「COOKリード抜去システム」(承認番号: 22700BZX00054000)および「COOKニードルズアイスネア」(承認番号: 22600BZX00538000)の承認を取得し、8月より本格販売を開始いたしました。COOKリード抜去システムには、Liberator® Beacon® Tip Locking Stylet(リベレーター ビーコン チップ ロッキング スタイレット)やメカニカルダイレーターシースセットといった経鎖骨下静脈的にリード抜去するための製品が含まれます。COOKニードルズアイスネアは、主に経大腿静脈的にリードを把持し、抜去するスネアカテーテルです。

クック メディカル リードマネジメント事業部アジア太平洋地域セールスマネージャーのケリン・フォンスパールは次のように述べています。「日本におけるクック メディカルのリードマネジメント製品の販売実現に協力してくださったすべての方々に深い感謝の意を表します。 今後、より多くの関連製品をご提供できるよう尽力いたします。」

また、クック ジャパン代表取締役の矢込 和彦は次のように述べています。「リードマネジメント事業部の開設により、患者様と医療業界により効果的な不整脈治療のソリューションを提供できるよう努めてまいります」

クック メディカルは、不整脈分野におけるリード抜去テクノロジーのパイオニアリーダーとして26年にわたりグローバルに活動してきました。クック ジャパンは、新設されたリードマネジメント事業部を加えた、AI(アオルティック インターベンション)、クリティカルケア、エンドスコピー、IR(インターベンショナル ラジオロジー)、PI(ペリフェラル インターベンション)、リプロダクティブ ヘルス、およびウロロジーの多岐にわたる分野で製品をお届けして参ります。

クック メディカルについて

クック メディカルは1963年の創業以来、医師の皆様と共に外科的手術の必要性を低減するテクノロジーの開発を進めてまいりました。今日では、医療機器、生物由来の医療機器、細胞治療を複合的に取り入れ、世界中の医療システムにより良い転帰を効果的に提供できるよう努めています。また、株式非上場の企業であり続けることで患者様、従業員、地域社会への貢献という目的に専心しています。

弊社の詳細は以下のホームページをご覧ください。www.cookmedical.com

また、Twitter及びLinkedInでも最新のニュースを配信しています。

1 メカニカルシース等を用いたリード抜去手術に対するステートメント。日本不整脈学会(2015年5月):http://jhrs.or.jp/statement201505_01.html <2015年9月10日現在>

2 同上

本件に関するお問い合わせ先:

【報道関係の皆様】
Cook Japan(クック ジャパン)株式会社 マーケティング部
担当:百瀬
TEL: 03-6853-9637/FAX: 03-6688-9900
 
【報道関係以外の皆様】
「連絡先」ページをご参照ください