ニュースルーム

ニュースルームに戻る

<プレスリリース> クック メディカル社製「Zilver® PTX®薬剤溶出型末梢血管用ステント」の有効性 日本の使用成績調査データからも実証、欧州学会EuroPCRにて発表

2014年5月29日

本リリースは、米国クック メディカル プレスリリースの日本語訳です。

2014年5月29日米国インディアナ州ブルーミントン – Zilver®(ジルバー) PTX® 薬剤溶出型末梢血管用ステントは、その留置を受けた907名の日本人患者に対しステントの安全性と有効性を評価するために行われた使用成績調査(PMS)の1年目フォローアップデータで、大腿-膝窩動脈の開存率に関して良好な結果を示しました。本データは2014 Euro PCR で発表されました。

本PMSは日本で実施され、調査データは福岡山王病院循環器センター長 横井宏佳医師により発表されました。Zilver PTXの治療を受けた末梢動脈疾患(PAD)患者907名が登録され、うち838名が12か月の追跡調査の有効症例とされました。1年後の再血行再建術(TLR)の非発生率は91.4%を示し、また1次開存率は84.8%と、Zilver PTXの過去の臨床試験と同様の結果を得ました。1

クック メディカルPI(末梢血管インターベンション)事業部国際事業部長のマーク・ブリードラブは、次のように述べています。「今回日本で実施したPMSには、各国の医師が日々治療にあたっているものと同様の、様々な病変タイプの症例が含まれており、弊社としては本調査結果に対し大変満足しています。他の臨床試験と同様に、本PMSによりZilver PTXに塗布されている薬剤効果の持続性が実証されました。」

Zilver PTXは、欧州連合で2009年8月、米国と日本では2012年に承認され、発売以来、北米、欧州、アジア、南アフリカ、オーストラリア、およびニュージーランドで25,000人を超える患者様の治療に使用されています。

1 Data on file at Cook Incorporated

製品概要

販売名: Zilver PTX薬剤溶出型末梢血管用ステント

薬事法承認番号: 22400BZX00013000

【Zilver® PTX®薬剤溶出型末梢血管用ステント】

zilver_ptx_japan

クック メディカルについて

クック メディカルは1963年の創業以来、医師の皆様と共に外科的手術の必要性を低減するテクノロジーの開発を進めてまいりました。今日では、医療機器、生物由来の医療機器、細胞治療を複合的に取り入れ、世界中の医療システムにより良い転帰を効果的に提供できるよう努めています。また、株式非上場の企業であり続けることで患者様、従業員、地域社会への貢献という目的に専心しています。

弊社の詳細は以下のホームページをご覧ください。 www.cookmedical.com

また、 Twitter 及び LinkedIn でも最新のニュースを配信しています。

本件に関するお問い合わせ先:

【報道関係の皆様】
Cook Japan(クック ジャパン)株式会社 マーケティング部
担当:百瀬
TEL: 03-6853-9637/FAX: 03-6688-9900
 
【報道関係以外の皆様】
「連絡先」ページをご参照ください

学会案内

08/01(金) - 08/02(土)

第37回日本受精着床学会総会・学術講演会

京王プラザホテル

詳細へ »

11/07(金) - 11/08(土)

第64回日本生殖医学会学術講演会・総会

神戸国際会議場・神戸ポートピアホテル

詳細へ »

02/21(金) - 02/23(日)

Japan Endovascular Treatment Conference 2020

ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター

詳細へ »

03/02(月) - 03/04(水)

第50回日本心臓血管外科学会学術総会

コラッセふくしま、ザ・セレクトン福島、ホテル福島グリーンパレス、エルティ ウェディング・パーティ エンポリアム、イービーエムふくしま製造開発センターFIST

詳細へ »

03/06(金) - 03/08(日)

第47回日本集中治療医学会学術集会

名古屋国際会議場、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋

詳細へ »

一覧へ

Cook Japan公式
Facebookページ »