製品

前のページに戻る
  • p102_G48025_3D_001
    Evolution® Duodenal Controlled – Release Stent – Uncovered

Evolution® Duodenal Controlled – Release Stent – Uncovered

悪性腫瘍に伴う十二指腸または胃流出路閉塞、および十二指腸狭窄の姑息療法に使用します。

  • 18個のクラウンが付いたステントデザイン
  • 10 Fr Flexor®デリバリーシステムは金属を含む3層構造からなり、十二指腸の解剖学的構造でもプッシャビリティを確保
  • 網目構造からコイル構造へとつながるFlexorデザインにより、十二指腸の解剖学的構造でもトラッカビリティと操作性を実現
  • 視認性の高い黄色の内視鏡/透視用マーカにより容易にステントの近位端を確認できるため、正確な位置決めの実現をサポート
  • トリガを引くたびに等量分のステントを展開または再収納するハンドル

 

販売名: COOK Evolution 十二指腸用ステントシステム
承認番号: 22600BZX00375000

Ⅱ157消化管用ステントセット(1)カバーなし

カタログ

スペックシート

Quick Reference

Video

Cook Medical
  • Evolution Duodenal Uncovered Controlled-Release Stent Animation
  • Dr. Adrian Hatfield Clinical Case - 12cm Evolution Duodenal Stent Placement
  • Dr. Andre Roy Clinical Case - 9cm Evolution Duodenal Stent Placement

Cook Japan カスタマーサービス

上記製品は地域販売代理店を通じて販売しています。ご注文やお問い合わせは当社カスタマーサービスまでご連絡ください。

TEL: 03-6853-9470
受付時間: 9:00~18:00 (土日、祝日、年末年始を除く)
FAX: 0120-289-903
メールにてお問い合わせ (24時間受付)
eメール: cs-japan@cookmedical.com

MRI に関する情報

MRI条件付き適合:非臨床試験により、本ステントはASTMF2503の基準に適合し、「MR条件付き適合」であることが確認されている。本ステントを留置された患者は以下の条件で安全にスキャンを実施できる。

<静磁場>

  • 静磁場は3.0テスラ以下
  • 最大空間的傾斜磁場は720ガウス/cm以下
  • 非臨床試験での評価は、3.0テスラのMRシステム(General Electric Healthcare社製Excite)を使用し、最大空間的傾斜磁場の720ガウス/cmのガウスメーターで患者に関連する静磁場の位置(スキャナの領域外で患者あるいは個体にアクセスできる位置)で測定した。
  • 1.5テスラ及び3.0テスラのシステムにおいて、通常の操作モード(最大全身平均比吸収率(SAR)は2.0 W/kg以下)での15分間のスキャン(1回のスキャンのシーケンスにつき)を推奨する。(「通常の操作モード」とは、いかなる出力も患者に身体的ストレスを与えない値でのMRシステムの操作モードと規定されている。)

<MRI関連の発熱>

  • 非臨床試験は以下の条件で実施し、本ステントは最大3.7℃の温度上昇が生じた。
  • 最大全身平均比吸収率(SAR)2.9W/kg(熱量換算測定値2.1W/kgに相当)で1.5テスラのMagnetom (Siemens Medical Solution, Malvern, PA、ソフトウエアNumaris/4)MRスキャナによる15分間のMRスキャン
  • 最大全身平均比吸収率(SAR)2.9W/kg(熱量換算測定値2.7W/kgに相当)で3.0テスラのExcite(GE Electric Healthcare, Milwaukee, WI、ソフトウエア14X.M5)MRスキャナによる15分間のMRスキャン

<画像アーチファクト>

MR画質は関心域が本品(ステント)内腔内あるいは本品(ステント)の位置からおよそ6mm以内にあるときに低下する場合があることが、3.0テスラのExcite (GE Electric Healthcare, Milwaukee, WIのソフトウエア14X.M5)の全身用無線周波数コイル付きMRシステムを使用し、TI強調画像によるスピンエコー法のパルスシーケンス及び勾配エコー法のパルスシーケンスで行った非臨床試験において確認されている。したがって、本品を埋植した状態でのMRI検査では、MR画像のパラメーターの最適化が必要な場合もある。

<追加的情報>

オーバーラップした十二指腸用ステントを留置した患者、あるいは本品と直接接触するその他のMRI条件付きデバイスを留置した患者のMRI検査の安全な実施についてはまだ確証がない。そのような状況下でのMRI検査は推奨しない。

販売名:COOK Evolution 十二指腸用ステントシステム
承認番号:22600BZX00375000