製品リストを更新中です

現在、当サイトの製品一覧や検索ページを更新しており、近日中に公開する予定です。ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
製品情報をご希望の方は、お手数ですが弊社までお問い合わせくださるようお願い申し上げます。

国または地域を選択してください | Choose your Country or Region

に移動してもよろしいですか?

現在ご覧のCook Medicalウェブサイトを離れ、選択した国または地域のCook Medicalウェブサイトに移動します。すべての製品が該当国または地域で承認されていない場合もあります。本ウェブサイトに掲載されている製品情報は、すべて医療従事者方向けです。

Search Cook Medical

COOK Zenith® Dissectionエンドバスキュラーシステム


COOK Zenith<sup>®</sup> Dissectionエンドバスキュラーシステム
外科血管外科循環器内科心臓血管外科放射線科

COOK Zenith® Dissectionエンドバスキュラーシステムは、以下の解剖学的適用を満たす合併症を有するStanford B型大動脈解離(解離性大動脈瘤を含む)のうち、内科的治療が奏功しない患者の血管内治療に使用する。

  • 大動脈の曲率半径は、ステントグラフトによる治療を意図した場合35 mm、ベアステントによる治療を意図した場合55 mmを超えること。
  • 以下のようなエントリー亀裂(左総頸動脈と解離の伸長の最近位)の近位に解離していない大動脈部分(固定部位)がある。
    • 長さが少なくとも20 mm以上あること。
    • 大動脈の外壁から外壁までを測定するとき、直径が20 mm(大動脈径)以上あり、38 mm(真腔径)を超えないこと。
  • ステントグラフトについては局所的な角度が45 度未満、ベアステントについては局所的な角度が35 度未満であること。
  • 腸骨動脈及び大腿動脈に、必要なデリバリーシステムに適合する十分なアクセス経路が確保されること。

販売名: COOK Zenith 大動脈解離用エンドバスキュラーシステム
承認番号: 22600BZX00454000
Ⅱ146大動脈用ステントグラフト (5)大動脈解離用ステントグラフト(メイン部分)
Ⅱ146大動脈用ステントグラフト (6)大動脈解離用ステントグラフト(補助部分)
Ⅱ146大動脈用ステントグラフト (7)大動脈解離用ステントグラフト(ベアステント)

本邦ではじめて合併症を伴う急性B型大動脈解離を適応とする血管内治療デバイスとして承認されたCOOK Zenith大動脈解離用エンドバスキュラーシステムは、真腔リモデリングの促進が期待できます。
本システムを使用することにより、疾患や患者さまに応じたソリューションをご提案します。

Videos

アニメーション

MRIに関する情報

MR Conditional(条件付MR適合)

詳細は製品別MR適合性情報 よりご確認ください。
なお、添付文書にもMR検査を実施可能な撮像条件等を記載しています。