ニュースルーム

パクリタキセルコーティングデバイスのPMDA発出通知に関するお知らせ

2019年4月19日

2018年12月に大腿膝窩動脈におけるパクリタキセルコーティングバルーンカテーテル及び溶出型ステントに関するメタ解析結果の研究論文(J Am Heart Assoc.2018;7:e011245)が公表されて以降、末梢動脈疾患の治療におけるパクリタキセルの使用に関して様々な議論がなされております。この件に関しまして、今般、(独)医薬品医療機器総合機構PMDAより通知が発出されましたのでお知らせいたします。

詳細へ »

2019年ゴールデンウィーク休暇についてのご案内

2019年4月16日

<プレスリリース> クック ジャパン 新代表取締役就任のお知らせ

2018年12月20日

Cook Japan株式会社(本社:東京都中野区、以下「クック ジャパン」)は、このほどバリー・トーマス(Barry Thomas)が新たに代表取締役に就任したことを発表いたします。

詳細へ »

「COOK Evolution RL Rotationダイレータシースセット 」販売開始のご案内

2018年9月7日

Cook Japan株式会社は2018年9月より、「COOK Evolution RL Rotationダイレータシースセット」(承認番号:22900BZX00266000)の販売を開始いたしました。
植込み型ペースメーカ又は植込み型除細動器等のリードを経静脈的に抜去するために使用する本製品は、新たな機能区分として2018年9月1日付で保険収載されています(厚生労働省告示第313号 別表II区分133血管内手術用カテーテル (8)血管内異物除去用カテーテル ⑤大血管用ローテーションシース)。

製品の詳細は下記リンク先よりご覧ください。 (PR-2018-01)

詳細へ »

「Zenith Alpha™ 胸部 エンドバスキュラーグラフト」 日本での本格販売開始

2018年4月11日

 米国クック メディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人: Cook Japan株式会社[以下、クック ジャパン]、所在地: 東京都中野区、代表取締役:矢込和彦) は、従来品に比べより細い血管からアクセス可能とするため更に小径になったデリバリーシステムに搭載したステントグラフト、「Zenith Alpha™ 胸部 エンドバスキュラーグラフト」(販売名: COOK Zenith Alpha胸部エンドバスキュラーグラフト 、承認番号:22900BZX00371000)の日本での本格販売を2月より開始いたしました。Zenith Alpha 胸部エンドバスキュラーグラフトは、解剖学的要件 を満たす患者様の胸部下行大動脈瘤に対する血管内治療に使用されます。また、本製品の承認は、日本を始めとし、アメリカ、ドイツ、イギリスおよびスウェーデンの5か国で実施された胸部下行大動脈瘤/潰瘍を適応とする国際共同治験の結果に基づくものです。

詳細へ »

<プレスリリース> クック メディカル「COOK Spectrum M/R含浸中心静脈カテーテルキット」 日本での販売開始

2017年7月19日

米国クック メディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人: Cook Japan株式会社[以下、クック ジャパン]、所在地: 東京都中野区、代表取締役:矢込和彦)は、本日より、「COOK Spectrum M/R含浸中心静脈カテーテルキット」[以下、Cook Spectrum]を販売開始することを発表しました。Cook Spectrumのカテーテルには、ルーメンの内外面に抗菌薬のミノサイクリンとリファンピシンが含浸されており、カテーテル由来血流感染症(CRBSI)[以下、CRBSI]のリスクを低減することが文献で示されています1。2種類の抗菌薬を組み合わせることで、CRBSIの原因となることが知られる広範囲のグラム陽性菌やグラム陰性菌に対して、相乗的に幅広い抗菌作用をもたらします。

詳細へ »

Going long! 140 mm長のZilver® PTX®薬剤溶出型ステントを発売

2017年3月31日

Zilver PTX製品群に140 mm長の薬剤溶出型ステントが加わり、1本でより長い病変が治療できるようになりました。デリバリーシステムはサムホイールタイプを採用しています。

詳細へ »

クック メディカル、Beacon Tipカテーテルの自主回収をグローバルに開始

2016年5月9日

米国クック メディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人:Cook Japan株式会社[以下、クック ジャパン]、所在地:東京都中野区、代表取締役:矢込和彦)は、Beacon®Tipカテーテルの自主回収をグローバルに開始しました(日本では、一般的名称「中心循環系血管造影用カテーテル」、販売名「ナイロンカテーテル」の一部品番に該当します)。Beacon Tipカテーテルの全ロットが回収の対象です。日本国内で自主回収する製品は、以下の一覧をご参照ください。

詳細へ »

<プレスリリース> クック メディカル サムホイールタイプ新デリバリーシステムを搭載した
Zilver PTX薬剤溶出型末梢血管用ステントの本格販売開始

2016年1月7日

米国クックメディカル(本社:インディアナ州ブルーミントン/日本法人: Cook Japan株式会社[以下、クックジャパン]、所在地:東京都中野区、代表取締役:矢込和彦)は、サムホイールタイプの新たなデリバリーシステムを搭載したZilver PTX薬剤溶出型末梢血管用ステント[以下、Zilver PTX](販売名:Zilver PTX薬剤溶出型末梢血管用ステント、承認番号:22400BZX00013000)の日本での本格販売を開始したことを発表いたします。この新しいデリバリーシステムにより、SFA(浅大腿動脈)を適応とする世界で最初、かつ唯一承認されている薬剤溶出型ステントをよりシンプルに留置させることができます。

詳細へ »

<プレスリリース> SFAにおける薬剤溶出型ステントの国際的なエビデンス、 日本のZilver® PTX®薬剤溶出型末梢血管用ステント 使用成績調査2年目フォローアップデータからも実証

2015年10月30日

2015年9月28日米国インディアナ州ブルーミントン - 奈良県立医科大学放射線科の吉川公彦教授は、2015年9月27日にポルトガルのリスボンにて開催されたCIRSE2015(Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe/欧州心血管・インターベンショナルラジオロジー学会)において、Zilver®(ジルバ―) PTX®薬剤溶出型末梢血管用ステントの日本における使用成績調査(PMS)の再血行再建術(TLR)に関する2 年目フォローアップデータを初めて報告しました。CIRSEは、インターベンショナル ラジオロジー(画像診断的介入治療)や血管の専門医による欧州の学術会議です。

詳細へ »

学会案内

05/15(水) - 05/17(金)

第62回日本形成外科学会総会・学術集会

京王プラザホテル札幌・ロイトン札幌

詳細へ »

05/17(金) - 05/18(土)

The 36th Live Demonstration in KOKURA

西日本総合展示場新館

詳細へ »

05/22(水) - 05/24(金)

第47回日本血管外科学会学術総会・第11回日韓血管外科学会

ホテルナゴヤキャッスル

詳細へ »

05/23(木) - 05/24(金)

第45回日本熱傷学会総会・学術集会

北九州国際会議場

詳細へ »

05/30(木) - 06/01(土)

第48回日本IVR学会総会

福岡国際会議場

詳細へ »

一覧へ

Cook Japan公式
Facebookページ »